発達障害の子供にどんなサポートができる?発達障害と支援方法について

発達障害とは、脳の機能が偏ることによって、行動や情緒にさまざまな特性が現れることをいいます。
この記事では、子供の発達障害について、発達障害の子供に対してできる支援方法についてご紹介します。
発達障害の診断をされた子供たちや、発達障害が疑われる子供たちとどう関わればよいかお悩みの方は、ぜひご確認ください。

 発達障害とは

発達障害の子供をサポートするときには、発達障害について正しく把握しておくことが大切です。
はじめに、発達障害の定義と傾向、特性が目立つようになる年代について確認しておきましょう。

発達障害の定義

「発達障害」とは、自閉スペクトラム症、注意欠陥多動性障害(AD/HD)、学習障害(LD)を総合していうことばです。
いずれも先天性の障害で、脳の働きが偏っているために、行動や情緒にさまざまな特性が認められる状態を指します。
「自閉スペクトラム症」「注意欠陥多動性障害」「学習障害」と区分はされていますが、重複して特性が表れたり個人差が大きかったりするため、はっきりと障害の種類を診断することは非常に難しいといえます。

<特性に関する詳しい情報はこちらをチェック>
発達特性とは?理解してサポートする重要性を解説

発達障害の種類・具体的な傾向

発達障害に含まれる主な障害とその主な特性として、下記のことが挙げられます。

障害 主な特性
自閉スペクトラム症 こたわりが強い、急な予定変更に強い不安感を抱く

対人のコミュニケーションが激しい

感覚が鈍い、あるいは過敏

注意欠陥多動性所外 話を集中して聞けない

おしゃべりを我慢できない、順番を待てない

なくしものや忘れ物が多い

学習障害 読み書きが困難

概念の理解や計算が苦手

ただし、上記はあくまで一例です。
同じ診断名が下されても、表面化する特性は一人ひとり異なる点を把握しておきましょう。
また、いずれも子供全般に見られる傾向でもあるため、診断は慎重に行われる必要があります。

発達障害がわかる年代

発達障害を抱えている場合、2~3歳ごろから特性が目立ちはじめる傾向にあります。
園や学校で集団生活がはじまるタイミングで気づくことが多いものの、早い場合、1歳半検診の際に発達障害の傾向があることに気づくケースもあります。
親御さまをはじめとするご家族だけでなく、保育士や医師が特性を見つけ、適切なサポートへつながることも少なくありません。

仮に発達障害が疑われた場合、診断を受けるには、経過観察や複数の検査を受ける必要があります。
チェックリストでも簡易的な確認はできますが、医療機関の正式な診断を得るには、数ヶ月単位の時間がかかります。
「発達障害は発達しないのではなく、発達がゆっくりなだけ」という点を把握したうえで、特性が認められた場合には、長期的な目線でサポートしていく必要があるでしょう。

発達障害を抱える子供に対する支援方法

発達障害を抱える子供への支援方法として、療育と薬物療法があります。
療育は、子供の発達状況にあわせて支援をし、より健やかな発達を促す取り組みです。
年齢にあわせて、児童発達支援事業所・療育センター・放課後等デイサービスなどで療育に取り組みます。

薬物療法は、薬によって神経伝達物質のアンバランスな状態を調節し、行動や情緒をコントロールしやすくする方法です。
原則、6歳以上を対象としています。

子供の発達障害は早期発見・早期療育が大切

発達障害は、早期発見と早期療育が大切です。
とくに療育には下記の効果があり、子供が感じる生きにくさを緩和するとともに、二次障害の防止にもつながります。

  • 得意なことや能力を伸ばし、苦手を改善する
  • 自尊心を育てる
  • 特性との付き合い方を学ぶとともに、孤立を防ぐ

子供の心を安定させて特性との付き合い方を身につけるとともに、能力を伸ばして社会生活に適応していくために、早いうちの対応が大切です。

<発達障害と療育に関する詳しい情報はこちら>
療育は発達障害にどんな効果がある?療育を受けられる施設も解説

 療育に携わるなら「TAKUMI」をご検討ください

「療育に携わりたい」という思いをお持ちの保育士さんは、児童発達支援・放課後等デイサービス「TAKUMI」で共にサポートをしませんか?
「TAKUMI」では、保育士資格をお持ちの方や大学で特定の課程を履修した方を対象に、発達障害を抱える子供たちをサポートする方を募集しています。
ご興味をお持ちの方は、ぜひ下記からご確認ください。

 

まとめ

発達障害とは、脳の働きが偏ることによって特性が生じた状態にあることをいいます。
周囲とミスマッチが生じることで生きにくさを感じる可能性があるため、早期発見と早期療育が大切です。
親御さまや保育士をはじめとした、発達障害に理解がある周囲の大人によるサポートが重要になります。

友だち追加

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 公認心理師になるには?資格取得のルートを3分でチェック!

  2. 多動症のチェック方法は?診断方法やセルフチェックリストを解説

  3. 多動症の子供の特徴とは?年齢別の特徴や接する際の注意点について解説

  1. 学習支援員とは?学習指導員との違いも解説

  2. 児童指導員とは?仕事内容・勤務場所・資格についてわかりやすく解説

  3. 児童発達支援とは?対象者やサービス内容・利用方法を解説

カテゴリー

アーカイブ

検索


TOP
TOP