学習支援員の志望動機で抑えるポイントとは?例文や注意点も解説

学習支援員として就職・転職活動をする際には、必ずといってよいほど志望動機を聞かれます。

したがって、転職や就職において採用される確率を高めるには、アピールにつながる志望動機の準備をすることが重要です。

この記事では、学習支援員の志望動機について、関東地方・関西地方に多くの教室を展開する児童発達支援・放課後デイサービス「TAKUMI」事業部長の石垣が詳しく解説します!

学習支援員として求人に応募する際の志望動機のポイント

志望動機は、就職・転職活動をする際、履歴書や面接などで必要な項目です。
この章では、志望動機をどのように考えればよいのか、3つのポイントについて紹介します。

なぜ学習支援員になりたいと思ったのか

学習支援員は、各自治体独自の採用基準で採用を決めるので、明確な採用基準はありません。

【学習支援員に資格は必要?資格なしでも目指す方法を解説】

ポイントは、できるだけ具体的な内容を伝えられるよう、エピソードなどを盛り込むことです。
また、ほかの教育系の職種や高齢者・障害者向けの仕事ではなく、なぜ学習支援員を目指しているのかを伝えられると、熱意が伝わりやすいでしょう。

なぜ数ある求人情報のなかからその企業を選んだのか

求人情報を選ぶ際、その企業を選んだ理由を述べることにはいくつかの利点があります。

  • 自分の熱意を示せる
  • 信頼を築ける。すなわち、「採用後にすぐに辞めそうにない」という印象を与えられる
  • 自分の考えと企業の理念や方針が一致しているかどうかを確認できる

これらの理由を明確に伝えることで、採用担当者に自信を持って訴えることができます。

自身の得意分野や経験

志望動機には、自分の強みや経験を示すことも重要です。
自己分析を通じて、自身の長所や経験を深く掘り下げ、志望動機を明確にすることが肝要です。
応募先のニーズに適合しているかどうか、採用先にどのような利益をもたらすかを強調しましょう。

志望動機を作成する際の留意点

志望動機を伝える際には、以下の点に留意しましょう。

  • 否定的な印象を与えないようにする
  • 給与や福利厚生などを過度に強調しない
  • 抽象的で一般的な内容にならないようにする

志望動機は採用プロセスにおいて極めて重要な要素です。誤った印象を与えないように慎重にアプローチしましょう。

自己評価を下げないように、十分な注意を払いましょう。

学習支援員に有利な経歴

志望動機は応募先によって異なるため、以下にいくつかの例文を紹介します。

【例文】
私が貴社を志望する理由は、個別に焦点を当てた活動に魅力を感じたからです。

学生時代、いくつかの科目でつまづき、学習支援を受けました。
その経験から学習支援に関心を持ち、教員免許も取得しました。
貴社は、専門職が協力して支援を行っているようです。その環境で技術と知識を磨きたいと思っています。

いち早く学習支援員として活躍したいと考えています。よろしくお願いします。

【例文】
これまで学童保育や小学校で学習支援員として経験を積み、様々な現場で臨機応変に対応できるようになりました。
貴施設の企業理念に共感し、経験を活かせると考えました。
子どもたちに喜びと自信を与え、丁寧なケアを提供したいです。

学習支援員として全力を尽くします。よろしくお願いします。

「TAKUMI」で児童支援をしてみませんか?

児童指導員して、「TAKUMI」で子どもたちの発達支援を一緒にしてみませんか?

「TAKUMI」は、少人数制で子どもたち一人ひとりに合った療育を実施する児童発達支援・放課後等デイサービスです。
関東地方・関西地方に多くの教室を展開しているため、興味をお持ちの方はぜひ下記からチェックしてみてください。

 まとめ

学習支援員には資格や実務経験が求められますが、無資格・未経験でも応募可能な場合もあります。勤務体系を含め、家庭との両立がしやすい仕事です。

自治体の募集要項を確認し、必要な資格や経験を積んでください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 学習支援員の志望動機で抑えるポイントとは?例文や注意点も解説

  2. スクールカウンセラーの年収は?年収をあげる3つの方法を解説!

  3. 「計画相談支援」って何?詳しい内容とメリットを簡単解説!

  1. スクールカウンセラーとは?仕事内容・勤務先・収入をチェック!

  2. 児童発達支援管理責任者(児発管)になる方法。転職先もご紹介

  3. 【療育手帳とは?】等級の決め方や申請方法について解説

カテゴリー

アーカイブ

検索


TOP
TOP