学習支援員に資格は必要?資格なしでも目指す方法を解説

https://initias-recruit.jp/wp/wp-content/themes/massive_tcd084/img/common/no_avatar.png

「学習支援員になるためには資格が必要?」


https://initias-recruit.jp/wp/wp-content/themes/massive_tcd084/img/common/no_avatar.png

「無資格・未経験の場合でも目指せるの?」

学習支援員を目指している人の中にはこのような疑問を持っている方がいるでしょう。

学習支援員として働くためには資格や実務経験が必要なことが多いですが、無資格・未経験でも働ける自治体もあります。

この記事では学習支援員の資格について、関東地方・関西地方に多くの教室を展開する児童発達支援・放課後デイサービス「TAKUMI」の事業部長である石垣が詳しく解説します。

ぜひ最後までご覧ください。

学習支援員になるためには資格や経験が必要?

一般的に、学習支援員の応募には資格や実務経験が問われる場合が多いです。
しかし、自治体によっては無資格・未経験でも応募できる自治体もあります。

この章では、応募する際に持っていると便利な資格について詳しく解説します。

学習支援員としての採用に役立つ資格

学習支援員の採用は、各自治体独自の採用基準で採用を決めるので、明確な採用基準はありません。
資格がなくても応募できるケースもあります。

学習支援員になるために有利とされる資格は以下のとおりです。

・教員免許
・保育士免許
・介護福祉士
・心理士

「必要な資格は問わない」とされている自治体でも、有資格者のほうが有利になる傾向があります。

学習支援員に役立つ経歴

学習支援員として応募する際に役立つ経歴もあります。

・学校での児童・生徒の支援経験
・福祉・介護施設での実務経験
・保育園での保育補助や放課後児童クラブでの支援員経験

ご自身がお住まいの自治体の募集要項をしっかりと確認して、必要な資格の取得や実務経験を積みましょう。

資格のない人が学習支援員を目指す方法

資格がないからといって学習支援員を諦めるのは時期尚早です。
この章では、資格のない人が学習支援員になる方法を解説します。

 無資格・未経験OKの求人に応募する

資格や実務経験があることを応募基準とする自治体が多いことは事実です。

しかし、自治体によっては無資格・未経験の方の募集を行っていることもあります。
したがって、教員免許などの資格を保有していなくても学習支援員になることは可能です。

資格や実務経験を問わない自治体の求人に応募して、実務経験を積むのも一つの手です。

募集要項は各自治体のホームページなどに掲載されているため、定期的に募集がないか確認しましょう。

通信講座などを受講する

学習支援員を目指す人向けの通信講座で知識や理解を深めるのもひとつの手です。

通信講座では、発達障害や特別支援、子どもへの関わり方を理解するコースから教育現場で必要なスキルや知識を学べるコースまで多岐にわたります。

無資格・未経験だけどあらかじめ知識やスキルを身につけたい人や、学習支援員の仕事について理解を深めたい人におすすめです。

通信講座などであらかじめ知識を身につけられれば、応募の際のアピールにもなるでしょう。

別の施設などで実績を積んでから応募する

教員免許や保育士免許などの資格を保有していない方でも実務経験があれば応募可能な場合もあります。

資格がない場合に問われる実務経験は主に以下のとおりです。

・学校での児童・生徒の支援経験
・福祉・介護施設での実務経験
・保育園での保育補助や放課後児童クラブでの支援員経験

上記のような施設で実務経験を積んでから応募するのもひとつの手です。

各自治体によって問われる実務経験は異なるため、応募を考えている方は問い合わせてみてください。

「TAKUMI」で学習支援員として働きませんか?

「TAKUMI」で子どもたちの学習支援をしてみませんか?
「TAKUMI」は、少人数制で子どもたち一人ひとりに合った療育を実施する児童発達支援・放課後等デイサービスです。

学習支援員として活躍の場を求めている方にとって、力を発揮して頂きやすい施設です。

関東地方・関西地方に多くの教室を展開しているため、興味をお持ちの方はぜひ下記からチェックしてみてください。

 

まとめ

学習支援員は、一般的に応募基準として資格や実務経験が問われます。
自治体によっては無資格・未経験でも応募できますが、資格や実務経験があった方が有利といえます。

教員が自分の仕事に集中できるようにサポートすることが主な仕事です。
また、勤務体系は会計年度任用職員という非常勤雇用であり、家庭と仕事を両立させたい方におすすめの仕事です。

お住まいの自治体の募集要項を確認して必要な資格や経験を積み、ぜひ学習支援員を目指してください。

友だち追加

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。


TOP
TOP