【児童発達支援管理責任者(児発管)の志望動機】書き方・ポイント・例文をご紹介

子どもの成長や発達に応じ、保護者や関係機関と連携し発達支援を推進する「児童発達支援管理責任者」。
児童発達支援管理責任者になるには資格を取得後、事業所の就職試験に合格する必要がありますが、志望動機をどのように書けばいいかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

この記事では、関東・関西に多くの教室を展開する児童発達支援・放課後等デイサービス「TAKUMI」の下田が、児童発達支援管理責任者の志望動機の書き方をご紹介します!

児童発達支援管理責任者(児発管)の志望動機の4つのポイント

志望動機を書く際は、いきなり書き始めず、現在の自分の姿や将来なりたい姿を明確にすることが重要です。

説得力のある志望動機を書くための、4つのポイントをご紹介します。

児童発達支援管理責任者(児発管)として働きたい理由を明確にする

他にも障害を持つ児童を支援する職業は存在する中、なぜ児童発達支援管理責任者になりたいのかが不明瞭だと、説得力に欠けます。

児童発達支援管理責任者を目指したきっかけを振り返り、どこに魅力を感じるかを考えてみると、理由が明確になるでしょう。

児童発達支援管理責任者(児発管)に活かせる経験・スキル・長所を考える

児童発達支援管理責任者として働く際に活かせる、経験・スキル・長所をアピールしましょう。
採用側が、あなたが事業所で活躍するイメージを持てるかが重要です。

今までの経験で大変だったこと、それをどう乗り越えたかを振り返るとスキルや長所が見つかるかもしれません。

その事業所で働きたい理由を明確にする

他にも事業所がある中、なぜその事業所なのか明確に伝えられるようにしましょう。
企業や施設は、採用選考の際に適性や意欲を重視します。

事業所の理念や特色をおさえ、働きたい理由を明確に言語化することが重要です。

就業後の将来像を明確にする

就職した後、どんな児童発達支援管理責任者になりたいかという将来像を明確にしましょう。
できるだけ具体的なイメージを伝えることが重要です。

将来像が明確だと「向上心がある」「いきいきと働いてくれそう」といったプラスのイメージを持ってもらえます。

【例文】パターン別児童発達支援管理責任者(児発管)の志望動機

具体的に文章としてどのようにまとめたらいいかわからないという方のために「経験者が転職する場合」と「異業種から転職する場合」の2パターンの例文をご紹介します。

児童発達支援管理者の経験者の場合

実務経験があり、放課後等デイサービスの事業所へ転職する場合の例文をご紹介します。

「今まで児童発達支援の事業所で、子どもの自立訓練や、身体機能向上の支援を行ってきました。今後は放課後等デイサービスで、子どもが社会性やコミュニケ―ションスキルを身につける支援を行いたいと考え、貴施設を志望しました。私の強みは、現在の事業所でリーダーとしてマネジメントを行ってきた経験です。貴施設が重要視している、子どもたち一人ひとりと丁寧に向き合う環境を作るため、スタッフがチームワークを発揮できる環境を作りたいと思っています。」

実務経験がある場合、即戦力として働けることが期待されるため、過去の経験・実績を伝え、強みをアピールするのがおすすめです。

異業種からの転職の場合

保育士から、児童発達支援管理者へ転職する場合の例文をご紹介します。

「保育士として子どもと関わってきた中、他の子どもとの発達の違いに悩む保護者や、個別の支援が必要な子どもも多くいることがわかりました。保育園では、集団生活になり、一人ひとりと丁寧に向き合うことに限界があります。貴施設の、さまざまなプロフェッショナルが少人数制で支援に当たるという子どもとの接し方が素晴らしいと感じ、貴施設で働きたいと考えました。保育の経験を活かし、個性に寄り添った支援ができる児童発達支援管理責任者になりたいと考えています。」

未経験でも、児童支援管理者に活かせる経験やスキルがあれば、積極的にアピールするとよいでしょう。

「TAKUMI」で児童発達支援管理責任者(児発管)として活躍しませんか?

「TAKUMI」は、少人数制で子どもたち一人ひとりに合った療育を実施する児童発達支援・放課後等デイサービスです。
子どもたちの発達をサポートし、可能性を最大限に引き出すことを使命としています。

関東・関西に多くの教室を展開しており、一緒に子どもたちのサポートに取り組む児童発達支援管理責任者を募集しておりますので、興味をお持ちの方はぜひ下記からチェックしてください。

まとめ

志望動機を書くに当たっては、なぜ児童発達支援管理責任者なのか、なぜその事業所で働きたいのかを明確に伝えることが重要です。
この記事を参考に、自分の言葉で説得力のある志望動機を準備しましょう。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 公認心理師になるには?資格取得のルートを3分でチェック!

  2. 多動症のチェック方法は?診断方法やセルフチェックリストを解説

  3. 多動症の子供の特徴とは?年齢別の特徴や接する際の注意点について解説

  1. 運動療育ってなに?概要・注意点をわかりやすく解説!

  2. 自閉症の赤ちゃんの特徴は?自閉症と療育について詳しく解説

  3. 学習支援員に資格は必要?資格なしでも目指す方法を解説

カテゴリー

アーカイブ

検索


TOP
TOP