「計画相談支援」って何?詳しい内容とメリットを簡単解説!

「計画相談支援」というとどのような支援を受けられるのか分からない方もいらっしゃるでしょう。
多くのご家族が聞き慣れないこの用語に戸惑いを感じるかもしれません。

計画相談支援は、成人だけでなく子どもの発達を支援し、家族全体の生活の質を高めるための重要なサービスです。
子どもの可能性を最大限に引き出すための第一歩として、計画相談支援の役割を理解しましょう。

この記事では、児童発達支援・放課後デイサービス「TAKUMI」の事業部長・石垣が、計画相談支援についてわかりやすくご紹介します。

 計画相談支援とは?基本から詳しく解説

計画相談支援は、障害のある方や家族に対して、教育や生活、就労での支援の計画を提案するサービスです。
利用者に合わせた個別のサービス等利用計画を作成し、支援をします。
計画相談支援を通じて、利用者の方は自立した生活を送ることができます。

計画相談支援の目的とは?

計画相談支援の主な目的は、障がいのある方本人やそのご家族のご意向に沿った、効果的なサービスを提供できるようにするためです。

教育・生活・就労などの支援においてはさまざまな選択肢があり、利用者が判断に迷うことも少なくないため、専門知識や経験に基づいた的確な支援が必要とされます。

計画相談支援が提供する具体的なサービス内容

計画相談支援の主な具体例をご紹介します。

  • 個別のサービス等利用計画の作成
  • 専門的なアドバイス提供
  • 関連する教育や職業訓練への連携支
  • 必要に応じ心理的支援の提供や社会スキル向上のためのプログラム案内

一人ひとりに併せて、必要とされるサービスを案内します。

計画相談支援の業務

計画相談支援員の業務内容は、アセスメント(利用者の心身の状態や置かれている環境などの評価)・目標の設定・支援計画の決定・専門機関との連携、ワークショップやセミナーの実施など、多岐にわたります。

計画相談支援員として重要なことは、支援を希望している方本人や家族と十分にコミュニケーションを取ることです。

利用者の自立支援に向けて、状況や環境を理解したうえで、的確なサポートが必要とされます。

計画支援専門員になるための必要要件とは?

計画支援専門員になるには、定められた要件を満たす必要があります。

計画支援相談員に必要な要件は、以下のとおりです。

実務経験:相談支援業務の経験(3~10年)
研修:初年度の「相談支援従事者初任者研修」(42.5時間)+「相談支援従事者現任研修」(24時間/5年ごと)

いったん資格を取得したあとも、5年ごとに研修を受講して、更新をしなくてはなりません。

また、3年以上の実務経験を積んだ後に、30時間の主任相談支援専門員研修を受講することで、主任相談支援専門員として活躍できます。
主任相談支援相談員は、相談員全般のマネジメントや高度な相談支援など、より高度なスキルを発揮して他の相談支援員をけん引する役割を担います。

 どこで活躍する?計画支援専門員の勤務地

計画支援専門員は、障害児相談支援事業所・特定相談支援事業所・一般相談支援事業所・放課後デイサービスなどで活躍します。

施設ごとにサポートする内容などが異なる点に注意しましょう。

また、計画支援相談員は地域コミュニティとの関わりを持つことも重要です。

従って、勤務先だけでなく地域の専門家などと連携しながら仕事を進めることもあります。

計画支援専門員のスキルを活かせる児童発達支援・放課後等デイサービス「TAKUMI」

私たち「TAKUMI」は、児童発達支援・放課後等デイサービスで療育でサポートしている施設です。
少人数制クラス・小集団クラスで、運動を通じて「できた!」の成功体験を重ね、子どもたちに自信とよろこびを獲得してもらうことを軸にしています。
「TAKUMI」では、計画相談支援員の方を対象に、児童指導員や児童発達支援管理責任者として勤務できる方を募集しています。

 

【児童発達支援管理責任者の詳しい内容は下記をチェック】

【2024年最新】児童発達支援管理責任者(児発管)の要件とは?

児童発達支援管理責任者(児発管)への転職方法とは?資格の取り方

子どもたち一人ひとりに合った、手厚い療育でサポートをしませんか?
採用情報や教室の場所について、詳しくは下記のページをご確認ください。

 

まとめ

計画相談支援とは、障害のある方に個別のサービス等利用計画を提供し、自立と社会参加を促すサービス・制度のことです。
計画支援専門員が、日常生活の支援や教育を行い、障がいをもっている方の社会参加を支えます。

計画相談支援専門員が働く場所は、相談支援事業所・児童発達センター・放課後デイサービスなどです。

障がいをもつ方やその家族の方々から、地域や専門家と連携しながら、きめ細やかなサービスを提供する役割が必要とされています。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 学習支援員の志望動機で抑えるポイントとは?例文や注意点も解説

  2. スクールカウンセラーの年収はいくら?年収をあげる方法についても解説

  3. 「計画相談支援」って何?詳しい内容とメリットを簡単解説!

  1. 理学療法士(PT)とは?作業療法士(OT)との違いは?

  2. 児童発達支援管理責任者(児発管)への転職方法とは?資格の取り方

  3. 理学療法士の転職先は?転職方法もくわしく解説

カテゴリー

アーカイブ

検索


TOP
TOP