社会福祉士の転職先は?転職方法もくわしく解説

社会福祉士は、医療の現場だけではなく幅広いフィールドで活躍しています。
そのため、転職を考える場合にもさまざまな選択肢の中から、やりたいことや得意なことにマッチした転職先を探すことが重要です。

この記事では、社会福祉士の転職について関東地方・関西地方に多く教室を展開する児童発達支援・放課後デイサービス「TAKUMI」事業部長の石垣が詳しく解説します!

社会福祉士の転職先は?

社会福祉士の転職先は、医療機関や福祉の現場だけでなく、行政機関や教育機関などさまざまな分野で活躍できます。
どのような職種があるのか確認してみましょう。

 児童福祉施設

児童福祉施設とは、児童福祉法に基づいて児童福祉に関する事業を行う施設の総称です。
児童福祉施設には、助産施設や児童自立支援施設、保育所などさまざまな児童に関する施設があります。

社会福祉士としての仕事内容は、子どもやそのご家族の方から相談を受け、課題解決のために支援を行う仕事です。
児童相談所と連携しながら、施設に入所せざるを得なくなった子どもやそのご家族へ支援を行います。

高齢者施設

社会福祉士は、介護老人施設や特別養護老人ホームなどの高齢者施設で生活相談員として勤務します。

主な仕事内容は入所前の面談・入所手続き対応・入居者の家族の方とのやりとりなどです。

また、入居者が退所したあとの生活のサポートをすることもあります。

学校

社会福祉士は、学校などの教育機関で、スクールソーシャルワーカー(SSW)として勤務できます。

児童が抱える問題の相談を受け、問題解決のため学校やご家族と連携をとりながら児童に対し支援します。
相談内容によっては、教育委員会や児童相談所との連絡も必要です。

公立学校の正職員として勤務したい場合は、公務員試験の合格が必要となります。

社会福祉士として転職する方法

この章では、社会福祉士として転職する方法を解説します。

ハローワークにて問い合わせる

ハローワークで紹介される仕事のなかに、社会福祉士としての仕事もあります。

社会福祉法人として転職したい場合は、ハローワークの端末で資格を保有した求人情報を利用すると、資格に適した求人が表示されます。
求人に関する質問や内容を詳しく知りたいときは、窓口で担当者に質問や相談をするとよいでしょう。

 求人サイトをチェックする

就職・転職活動を進めていくうえで、求人サイトの利用が効果的です。

求人サイトのメリットは以下のとおりです。

  • 勤務地や条件などを検索して希望に合った求人サイトを探せる
  • 求人を比較・検討しやすい
  • 企業と直接やりとりできる

社会福祉士の仕事も、スマホやパソコンから検索できます。

福祉や児童関連の施設のホームページをチェックする

福祉や児童関連の施設のホームページにて、社会福祉士を募集している場合もあります。

希望条件にマッチした求人を探すには、まずは働きたい地域などで絞って検索するとよいでしょう。
ホームページから直接応募することで、企業に対してやる気をアピールすることもできます。

「TAKUMI」で理学療法士として働きませんか?

社会福祉士として、「TAKUMI」で子どもたちの発達支援を一緒にしてみませんか?

「TAKUMI」は、少人数制で子どもたち一人ひとりに合った療育を実施する児童発達支援・放課後等デイサービスです。

関東地方・関西地方に多くの教室を展開しているため、興味をお持ちの方はぜひ下記からチェックしてみてください。

 

まとめ

社会福祉士は、身体的・精神的な障害や高齢、貧困などの理由から、日常生活を送るのが困難な方の相談を受け、スムーズに日常生活を送れるように支援を行う仕事です。
総合病院などの医療分野以外にも、高齢者施設や児童福祉施設、学校など、幅広い分野での活躍が期待されます。

転職を考えている方は、転職先の条件をよくまとめ、転職サイトなども活用しながら転職先を見つけるとよいでしょう。

友だち追加

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。


TOP
TOP