学習支援とは?放課後デイサービスにおける内容も解説

学習支援とは、自主学習法の指導のやり方や講座を通じた学ぶ機会の創出など、学習の進め方をサポートすることを指します。
特に発達障がいがいや学習障がいがいを持つ児童に対しては、学習支援により一人ひとりの可能性を引き出す取り組みが重要です。

この記事では学習支援について、関東地方・関西地方に多くの教室を展開する児童発達支援・放課後デイサービス「TAKUMI」の事業部長である石垣が詳しく解説します!ぜひ最後までご覧ください。

学習支援とは?

学習支援とは、障がいがいのあるなしにかかわらず、すべての子どもがさまざまな修学機会へ平等に参加できるような環境整備への取り組みを指します。
学習支援の具体的な対象は、以下のとおりです。

講義や実験、実習や演習など
通信教育課程におけるスクーリング
大学院における研究指導等の正課教育(自主学習含む)への支援
図書館や情報処理室の利用
何らかの理由で学校に行けない子どもたちに向けたフリースクール
学習支援教室で勉強を教えるボランティア
病気で学校に行けない子どもたちに病院で勉強を教えるボランティア

学習支援は、個人の要望に応えること、社会全体の向上を目指すことを目的としています。その場が子どもにとっての居場所となれば、
居場所を提供する大人に対する信頼感も生まれ、学習することへの動機づけにもなるでしょう。

学習支援が必要な理由

学習支援が特に必要とされるのは、障がい害のある子どもに対する教育の場面です。

一般的な学校カリキュラムのなかでは学力不振に陥ることがあります。
授業で取り残される状況になると学習の意欲も低下するため、さらに学力が低下するなど悪循環を招きかねません。

このようなケースで学習支援をおこなうことで、学力の向上や自尊心の回復を図れることがあります。
学習支援は、早期に適切な方法でおこなうことが望ましいとされています。

学習支援と特別支援の違いとは?

学習支援と特別支援は、どちらも障がいがいのある子どもの自立や社会参加に向けた主体的な取り組みのための支援活動ですが、以下の点で異なります。

学習支援:子どもたちの学習そのものを支援
特別支援:学習だけでなく生活上の困難の改善克服

障がいがいの程度や目的に応じて、学習支援もしくは特別支援が利用されています。

放課後等デイサービスにおける学習支援

放課後等デイサービスにおける学習支援では、それぞれの発達に合ったプログラムにより、指導を行います。

学習支援の主な目的は、以下のとおりです。

  • 学ぶ楽しさを伝える
  • 学ぶ意欲を高める
  • 学校からの宿題を支援する
  • 進学に合わせた受験対策

具体的には、集中力が続かない子どもに対しては、声かけから始め緊張もほぐすなど、簡単にできることから始めていきます。
また、書き取りが苦手な子どもには、鉛筆の持ち方の指導から始めるなど工夫して支援。
楽しく学べる環境を整えていくことで、子どもたちも自信をつけながら、自ら学びたいという意欲を高められる点も魅力のひとつです。

最近では、学習特化型の放課後等デイサービスも全国に増えてきています。
学習支援をしているケースでは、学校から出された宿題のサポートをメインにすることで、帰宅後の保護者への負担を少しでも軽減しようとしている状況です。

「TAKUMI」で子どもたちの発達支援をサポートしませんか?

「TAKUMI」で、未来ある子どもたちの発達支援を一緒にサポートしませんか?

「TAKUMI」は、少人数制で子どもたち一人ひとりに合った療育を実施する児童発達支援・放課後等デイサービスです。

子ども一人ひとりの個性・特性をかんがみてクラス分けを実施
それぞれに合ったプログラムを組み、サポートを実施

すべての人がキラキラと輝ける世界を創ることを企業理念とし、運動教育を通じて、子どもたちに「できる」喜びと自信を得てもらいます。

関東地方・関西地方に多く教室を展開しています。興味をお持ちの方はぜひ下記からチェックしてください。

まとめ

学習支援とは、学習の支援をとおしてさまざまな修学機会への平等な参加を与えることを指します。

学習支援に必要な子どもたちの社会全体の向上を目指すことを目的とし、その場が子どもにとっての居場所となるため、落ち着いて学習することが可能です。

学習支援の場は、大人に対する信頼感が学習することへの動機づけにもなり、一人ひとりの可能性を引き出す取り組みが重要となります。

友だち追加

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。


TOP
TOP