理学療法士の転職先は?転職方法もくわしく解説

理学療法士は、国家資格ということもあり、転職の際にもさまざまな選択肢があります。
だからこそ、希望条件に合った転職を実現するために、事前に情報をチェックしておくことが重要です。

この記事では、理学療法士の転職について関東地方・関西地方に多く教室を展開する児童発達支援・放課後デイサービス「TAKUMI」事業部長の石垣が詳しく解説します!

 理学療法士の転職先は?

最初に、理学療法士の資格を活かした主な転職先をご紹介します。

児童福祉施設

理学療法士は児童自立支援施設や保育所などの児童福祉施設で、子どもの運動機能に関する仕事に携わることができます。

具体的には、子どもの潜在能力を引き出したり、運動機能を改善したりするなどの仕事を担当します。

特に障害をもつ児童が集まる施設では、理学療法士のスキルを直接的に発揮できるでしょう。

 

医療機器・福祉用具メーカー

医療機器・福祉用具メーカーでは、理学療法士のリハビリに関する持つ専門知識を活かすことが可能です。
仕事の内容は、専門知識を活かし、福祉用具やリハビリ事業の運営や企画・開発などに携わります。

ただし、一般企業に就職するには、理学療法士の専門知識に加えて、基礎的なビジネススキルも必要となることも知っておきましょう。

フィットネストレーナー

フィットネス施設やスポーツチームのトレーナーとして、傷害予防や健康管理、機能改善、運動能力の向上といったトレーニングを行う仕事です。

スポーツ分野に関わる場合、それぞれの競技への専門的識も求められます。
また、スポーツにはケガは付き物なため、負傷した選手への身体的なケアだけでなく、精神的なケアのスキルも必要になってくるでしょう。

理学療法士として転職する方法

この章では、理学療法士としての転職方法をご紹介します。

ハローワークにて問い合わせる

ハローワークの窓口では、求人紹介や相談支援に対応しています。
全国の求人情報を施設内に設置された端末から検索することが可能です。
また、スマートフォンやパソコンからでも求人検索ですることもできます。

理学療法士の資格を活用した転職を行うには、資格を保有した求人情報を利用すると、資格に適した求人が表示されます。
求人に関する質問や内容を詳しく知りたいときは、窓口で問い合わせしてもらえる場合もあるため、活用しましょう。

求人サイトをチェックする

求人サイトには、理学療法士のサイトが数多く掲載されています。

「理学療法士」と就職を希望する地域で抽出をかけて求人情報を検索すると、希望条件にマッチした求人を見つけられるかもしれません。

スマートフォン1台あれば自宅でも仕事を探せるので、まずは気軽に求人を探したいと思う方は求人サイトをチェックするとよいでしょう。

福祉や児童関連の施設のホームページをチェックする

理学療法士の資格を活かして転職活動を行うには、福祉や児童関連の施設のホームページをチェックするとよいでしょう。

全体的に見ても、企業のホームページをチェックする求職者は約9割です。
ホームページから読み取れることは、施設の理念や仕事内容、スタッフのインタビューなども掲載されています。
そのことから、施設の雰囲気やより具体的な業務内容を知ることも可能です。

「TAKUMI」で理学療法士として働きませんか?

理学療法士として、「TAKUMI」で子どもたちの発達支援を一緒にしてみませんか?

「TAKUMI」は、少人数制で子どもたち一人ひとりに合った療育を実施する児童発達支援・放課後等デイサービスです。

子ども一人ひとりの個性・特性をかんがみてクラス分けを実施し、それぞれに合ったプログラムを組み、サポートを実施。
すべての人がキラキラと輝ける世界を創ることを企業理念とし、運動教育を通じて、子どもたちに「できる」喜びと自信を得てもらいます。

関東地方・関西地方に多くの教室を展開しているため、興味をお持ちの方はぜひ下記からチェックしてみてください。

 

 まとめ

理学療法士として転職する場合、医療機関のほかに児童福祉施設やフィットネストレーナーなどさまざまな選択肢があります。

リハビリの専門家として、スキルを効果的に活用し、ご自身に合った転職先をチェックしましょう。
事前に転職方法についても確認しておくことで、活躍できる場が見つかるはずです。

友だち追加

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 公認心理師になるには?資格取得のルートを3分でチェック!

  2. 多動症のチェック方法は?診断方法やセルフチェックリストを解説

  3. 多動症の子供の特徴とは?年齢別の特徴や接する際の注意点について解説

  1. 【自閉症とは?】施設ができることもわかりやすく解説

  2. 運動療育ってなに?概要・注意点をわかりやすく解説!

  3. 療育園と保育園はなにが違う?「療育保育士」についても解説

カテゴリー

アーカイブ

検索


TOP
TOP