友だち追加

作業療法士の転職先は?転職方法とともに詳しく解説

作業療法士はリハビリテーション業務に関わるイメージが強いですが、実は病院・クリニック以外にも活躍できる場は数多くあります。

この記事では、作業療法士の転職先を関東地方・関西地方に多く教室を展開する児童発達支援・放課後デイサービス「TAKUMI」の石垣が詳しく解説します!

作業療法士としてのスキルを活かせる転職先

作業療法士は医療機関のほかに、どのような環境で活躍できるのでしょうか。
この章では、作業療法士の資格やスキルが活かせる職場を紹介します。

フィットネスジム

フィットネスジムの中には、作業療法士の資格や経験を活かしてお客様を対象にトレーニング指導をしたり、予防医療のためにリハビリを行えたりする施設もあります。

また、スポーツインストラクターやパーソナルトレーナーといった資格と掛け合わせることで選択肢を広げられるでしょう。

作業療法士の得意とする精神的なアプローチと、身体の動かし方を熟知しているという強みにより、体を動かす施設での需要が高まっています。

機能訓練指導員

介護福祉施設や要介護者向けの医療施設では、作業療法士の資格があれば機能訓練指導員として働くことができます。
機能訓練指導員は、利用者の身体機能や生活習慣などを把握し、機能訓練の計画から実施までを行います。

身体面のリハビリだけでなく、精神面のケアをする場面も多く、作業療法士の専門知識や経験が役立つ職場です。

高齢者の増加にともない、高齢者が自分で生活できる能力を保てるように、今後も機能訓練指導員の需要は高まっていくでしょう。

 児童福祉施設

障害を抱える子どもや発達障害の子どもを対象に、心身の発達や生活能力の向上のためにリハビリを行います。
訓練というよりも、子どもたちが楽しく継続できるように、レクリエーションの要素を多く取り入れるのが特徴です。

作業療法士は発達障害に関する専門的な知識を有し、障害の特性を理解したうえで生活を支援する教育を受けた専門職です。

児童福祉施設には常駐している医師がいないため、これまでさまざまな症例の患者さんと接してきた経験が役立つでしょう。

 作業療法士の転職方法

作業療法士の転職方法には、以下3つの方法があります。
各特徴を理解して、自分にあった方法で転職先をみつけてみましょう。

ハローワーク

作業療法士の転職では、ハローワークを利用するのが有効です。

ハローワークには専門の職員がおり、面談を通じて個々の希望や条件を詳細に把握し、それに最も合致する求人情報を提供してくれます。

たとえば、特定の地域で働きたい、あるいは特定の診療科に関わりたいというような希望を持つ作業療法士は、ハローワークを通じて自分のニーズに合った職場を見つけることができます。

求人サイト

作業療法士の転職には求人サイトも有効です。
求人サイトを利用することで、全国の多様な職場から自分に合った仕事を探しやすくなるためです。

たとえば、特定の地域や施設タイプなど、条件を指定して検索することができ、最新の求人情報にも迅速にアクセスできます。

また、プロフィールを登録しておけば、条件に合う求人がある場合には通知が来るサービスもあり、積極的に仕事を探している人にも、そうでない人にもおすすめです。

知り合いの紹介

作業療法士の転職において、知り合いの紹介も有効な方法です。
なぜなら、事前に職場の内部情報を知ることができるためです。

具体的には、知人を通じて職場の雰囲気・給与体系・仕事内容などの詳細を聞くことができます。

また、紹介による転職では、書類選考などが省略される場合が多く、一般的な選考よりも速やかに内定を得るチャンスが高まります。

作業療法士の資格を活かして「TAKUMI」で働きませんか?

「TAKUMI」は、少人数制で子どもたち一人ひとりに合った療育を実施する児童発達支援・放課後等デイサービスです。
子どもたちの発達をサポートし、可能性を最大限に引き出すことを使命としています。

関東地方・関西地方に多くの教室を展開しているため、興味をお持ちの方はぜひ下記からチェックしてみてください

 まとめ

作業療法士は身体、精神、発達、高齢の分野に対応している職種のため、需要が高いです。
介護施設や福祉施設など、ご自身のスキルや経験を活かせる職場の求人が多くなっています。

高齢化が進む現在では、患者さんや利用者さんの日常生活のサポートが求められ、今後もさまざまな分野で活躍できることが予想されます。

転職を考えている方は、ぜひご自身のスキルや経験を活かせる求人を探してみてください。

 

友だち追加

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。


TOP
TOP