作業療法士(OT)とは?仕事内容・就職先、理学療法士(PT)との違いも解説

作業療法士とはリハビリテーションの分野における専門職の一つです。

怪我や病気による障害や不自由を抱えた人が自立して生活できるようにサポートするのが仕事です。

この記事では作業療法士について、関東地方・関西地方に展開する児童発達支援・放課後デイサービスの「TAKUMI」石垣が詳しく解説します!

ぜひ最後までご覧ください。

作業療法士(OT)とは?

作業療法士は、リハビリテーションの分野における専門職のひとつです。
この章では作業療法士について詳しく解説します。

作業療法士(OT)の仕事内容

作業療法士の仕事内容は、怪我や病気による障害や不自由を抱えた人が自立して生活できるようにサポートすることです。
以下の3つの能力を改善・維持することを目標としています。

  • 基本的動作能力:運動、心肺や精神、認知機能
  • 応用的動作能力:食事や排泄、家事などの日常生活に必須な活動
  • 社会的適応能力:就労、就学、趣味などの娯楽活動

具体的には患者との面談を通して情報を集め、訓練プログラムを作ったり、遊びやゲームを訓練に取り組みながらリハビリテーションを行ったりします。

また、対人関係や作業活動を利用して心理的な準備をするために地域活動に参加することもあります。
仕事の具体的な内容は職場によって変わるため、就職の際にはしっかりと確認しましょう。

作業療法士(OT)の就職先

作業療法士は、医療・福祉の現場をはじめ、教育機関や行政機関などさまざまな分野で活躍しています。
主な就職先は以下のとおりです。

  • 医療分野:一般病院、クリニック
  • 福祉分野:障害者支援施設、児童福祉施設
  • 介護分野:老人保健施設、デイケアサービス
  • 教育分野:特別支援学校

詳細は、作業療法士の求人などで確認しましょう。

作業療法士(OT)と理学療法士(PT)の違い

作業療法士と理学療法士の違いは、以下のとおりです。

作業療法士(OT)

作業療法士は「からだ」と「こころ」双方にアプローチできるリハビリ職です。
基本的な動作に応用的な作業や活動を積み上げていくことを専門としています。

トイレの動作や着替えの動作など、日常生活に必要な動作をサポートするのが主な仕事です。

また、リハビリテーション専門職の中で唯一、精神に障害のある方への専門的なアプローチが可能です。
障害のあるなしに関わらず、支援を必要とする全ての人をサポートできます。

理学療法士(PT)

理学療法士は、対象者が安全に日常生活を送れるための基本的な動作の獲得や回復を目的としたリハビリテーションを行います。

立ち上がりや歩行といった日常生活における基本動作の訓練が主な仕事です。

主に加齢による障害のほか、半身不随や骨粗しょう症といった症状を抱える患者さんのサポートをします。
最近では、スポーツ選手の怪我の回復・予防分野でも注目されています。

理学療法士は「座る」「立つ」といった身体面の基本動作の回復から、日常生活や社会復帰を支えるスペシャリストといったイメージです。

 作業療法士になるためには?

作業療法士になるためには、国家試験に合格しなければなりません。
この章では作業療法士国家試験について詳しく解説します。

国家試験の受験資格

作業療法士国家試験の受験資格を得るには、厚生労働省が指定する養成施設を卒業する必要があります。
高校卒業後の進路は主に以下3つのパターンが考えられます。

  • 4年制の大学を卒業
  • 3年制の短大を卒業
  • 3年制もしくは4年制の専門学校を卒業

国家試験を受けるには、まずは上記の受験資格を満たさなければいけません。
自分に合った進路を選択することが大切です。

国家試験の合格率

直近3年の作業療法士国家試験の合格率は以下のとおりです。

  • 2023年:83.8%
  • 2022年:80.5%
  • 2021年:81.3%

最近の合格率の平均は8割を超える数値となっています。
大学や短大、専門学校といった養成施設でしっかりと学習することで、比較的合格しやすい国家試験と言えます。

「TAKUMI」で作業療法士として働きませんか?

作業療法士の資格を取得し、「TAKUMI」で子どもたちの発達支援をしてみませんか?
「TAKUMI」は、少人数制で子どもたち一人ひとりに合った療育を実施する児童発達支援・放課後等デイサービスです。

関東地方・関西地方に多くの教室を展開しているため、興味をお持ちの方はぜひ下記からチェックしてみてください。

 

まとめ

作業療法士は理学療法士と混同されがちですが、その役割は違います。
日常動作のサポートから精神面のサポートまで幅広く活躍する仕事です。

ぜひ、ご自身に合った施設で国家資格を取得し、作業療法士を目指してみてください。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 公認心理師になるには?資格取得のルートを3分でチェック!

  2. 多動症のチェック方法は?診断方法やセルフチェックリストを解説

  3. 多動症の子供の特徴とは?年齢別の特徴や接する際の注意点について解説

  1. 療育園と保育園はなにが違う?「療育保育士」についても解説

  2. 理学療法士(PT)とは?作業療法士(OT)との違いは?

  3. 児童発達支援とは?対象者やサービス内容・利用方法を解説

カテゴリー

アーカイブ

検索


TOP
TOP