【療育手帳とは?】等級の決め方や申請方法について解説

療育手帳とは地方自治体によって知的障害のある方へ交付される障害者手帳です。取得すれば、各自治体や民間事業者が提供するサービスが受けられます。

この記事では療育手帳の判断基準について、関東地方・関西地方に多くの教室を展開する児童発達支援・放課後デイサービス「TAKUMI」の事業部長である石垣が詳しく解説します!

ぜひ最後までご覧ください。

療育手帳とはどんなもの?

療育手帳とは、児童相談所または知的障害者相談所から、知的障害があると判定された場合、交付される手帳です。

自治体によっては、「愛の手帳」「みどりの手帳」と異なる名称で呼ばれていることもありますが、手帳としての機能は療育手帳と同じです。

療育手帳を所持していると、障害者総合支援法に基づく障害福祉サービスや、各自治体や民間事業者のさまざまなサービスが受けられます。
年齢によって判定される場所が異なり、18歳未満の方は児童相談所、18歳以上の方は知的障害者更生相談所で行われます。

判定基準は各自治体によってガイドラインが定められており、判定基準に沿って運用されているのが特徴です。

療育手帳の交付対象者とは?

療育手帳は、およそ知能指数が70以下の方、または生活への支障がどの程度あるかで判定され交付されます。

判断方法は、医師による診察や心理検査、本人・家族などからのヒアリングによって行われるのが一般的です。

判定により重度とその他で等級が区別されますが、自治体によっては3~4段階で区別されているケースがあります。

療育手帳受給者に必要な教育面でのサポートを提供している施設

療育手帳受給者は、「医療・福祉・教育・職業」において支援が必要です。

しかし、どのような支援が必要かは障害の程度によっても異なります。

そのため、療育手帳受給者には一人ひとりに適した施設でのサポートが必要です。

療育手帳受給者がサポートを受けられる施設をご紹介します。

療育センター

療育センターは、発達障害や身体障害のある子どもそれぞれに適したリハビリテーションや教育を行う場所です。

ただし、療育センターの定義ははっきり定められていないため、「〇〇療育センター」や「〇〇総合療育センター」と場所により名称が異なり、施設により支援や機能が違うのも特徴の1つです。

18歳未満の障害を持つ子どもが自立できるように、「リハビリテーション」と「保育・教育」を一人ひとりに合わせたサポートを行います。

また、障害を持つ子どもの家族の悩みを軽減する支援や相談も行っているのが特徴です。

児童発達支援事業所

児童発達支援事業所は、小学校入学前の未就学児が住み慣れた地域で発達支援を受けられる施設です。

発達に不安や悩みがある子どもとその家族へケアを行い、悩みを解決する手伝いをしながら負担を少なくすることが目的の施設です。

子どもの個性を尊重しながら基本的な日常生活での動作や集団生活に馴染むための訓練などを行います。

発達障害の子どもや心身に障害を持った子ども、難病の子どもに対してもサポートを行っています。

「TAKUMI」で児童指導員を目指しませんか?

周りのサポートを必要とする子どもたちのために、児童指導員を目指すなら「TAKUMI」を検討してみませんか?

「TAKUMI」は、少人数制で子どもたち一人ひとりに合った療育でサポートしている児童発達支援・放課後等デイサービスです。

子どもたちの「できた!」の喜びを味わってもらうため、成功体験を大切にしながらサポートしています。

専門性の高いスタッフが挨拶やマナーといった基本的な日常生活の習得も支援しています。

関東や関西に多くの教室を展開しているため、興味がある方は下記からチェックしてみてください。

 

 まとめ

療育手帳を取得することで、療育手帳は取得することで、さまざまな障害福祉サービスや各自治体のサービスが受けられます。

療育手帳を所持している方には、一人ひとりに合わせたサポートが必要です。

療育手帳は自治体が発行するため、児童発達支援や放課後デイサービスなどでも有識者が活躍していると思われがちですが、実際は特別な資格は必要ありません。

発達に不安がある方やその家族の悩みを解決するために、お手伝いしてみませんか?

友だち追加

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 公認心理師になるには?資格取得のルートを3分でチェック!

  2. 多動症のチェック方法は?診断方法やセルフチェックリストを解説

  3. 多動症の子供の特徴とは?年齢別の特徴や接する際の注意点について解説

  1. 【自閉症とは?】施設ができることもわかりやすく解説

  2. 作業療法士の資格取得方法は?試験概要・難易度も解説

  3. 理学療法士(PT)の資格を取得するには?試験概要や難易度も解説

カテゴリー

アーカイブ

検索


TOP
TOP