【社会福祉士の志望動機】書き方・ポイント・例文をご紹介

社会福祉士として就職・転職する際、必ずといっていいほど志望動機が問われます。
しかし、志望動機は何を書けばいいのかわからないという方も多いかもしれません。

この記事では、関東・関西に展開する児童発達支援・放課後等デイサービス「TAKUMI」の堤が、社会福祉士の志望動機の作成ポイントを例文とあわせてご紹介します!

社会福祉士の志望動機には何を書けばいい?

他の職種でなく社会福祉士になりたい理由、その施設で働きたい理由を明確に書くことが重要です。
また、資格を取得した理由、将来目指す姿を具体的にすることで、説得力のある志望動機になります。

社会福祉士の志望動機に書くべき内容をご紹介します。

社会福祉士を目指したきっかけ

なぜ社会福祉士を目指したのかを伝えることが重要です。
他にも福祉系の職種がある中、なぜ社会福祉士なのかを示しましょう。

社会福祉士を目指したきっかけとなるエピソードも交えて話せれば、説得力が増します。

その施設で働きたい理由

他の施設でなく、なぜその施設で働きたいかを伝えましょう。
どの施設でも当てはまる動機では、志望動機として弱くなってしまいます。

志望する施設の特徴や理念を、入念に調べておきましょう。
その施設が求める人物像も把握し、自身に当てはまる点を示すことも重要です。

今までの経験やスキルをどう活かせるか

その施設で、どのように活躍できるかアピールすることも重要です。
採用後にその施設で活躍するイメージが付くと、施設側によいイメージを持ってもらえます。

前職で得た知識やスキルで、社会福祉士として活かせるものがあればアピールしましょう。

将来どのように活躍したいか

今できることだけでなく、将来どのように活躍したいかをアピールすることも重要です。
施設側は、長く働いてくれる人を求めており、将来どのように活躍したいかまで明確に示すことができれば印象がよくなります。

特に未経験の場合、今後成長できるポテンシャルを感じてもらえることが重要です。

【例文】パターン別社会福祉士の志望動機

志望動機に書くべき内容がわかっても、どのように書けばいいかイメージがわかないという方もいらっしゃるでしょう。

そんな方のために、未経験から社会福祉士になる場合、別施設から転職する場合の志望動機の例文をご紹介します。

未経験から社会福祉士として就職する場合

未経験から、社会福祉士として介護施設に就職を目指す場合の志望動機の例をご紹介します。

「介護施設で実習を行った際、社会福祉士の方が、相手の気持ちに寄り添い相談に乗っている姿に感銘を受け、自身も社会福祉士になりたいと考えるようになりました。社会福祉士として重要なコミュニケーションスキルを身につけるため、大学に通いながら福祉施設でボランティアを行いました。貴社で、多くの利用者と触れ合い、高齢の方や障害のある方まで幅広く対応できる社会福祉士を目指したいです。」

未経験の場合は、特になぜ社会福祉士になりたいかが明確になっていることや、今後どのような社会福祉士を目指したいかを伝えることが重要です。

社会福祉士経験者の転職の場合

社会福祉士として働いていて、別の施設に転職を目指す場合の志望動機の例をご紹介します。

「県の福祉相談窓口で、相談員として従事していました。その中で、もっと相談者の方と長く関係を築きサポートしていきたいと考え、病院で医療ソーシャルワーカーとして働きたいと考えました。高齢者・障がい者・生活困窮者などさまざまな方を支援してきた豊富な経験を、貴院で活かしていきたいと考えます。患者様の院内での生活を支え、退院後も安心して生活をするために一人ひとりにあったサポートができる医療ソーシャルワーカーを目指したいです。」

前職を辞める理由・転職の理由が、ポジティブな理由だとよい印象を持ってもらえるでしょう。

「TAKUMI」で社会福祉士として活躍しませんか?

「TAKUMI」は、少人数制で子どもたち一人ひとりに合った療育を実施する児童発達支援・放課後等デイサービスです。
子どもたちの発達をサポートし、彼らの可能性を最大限に引き出すことを使命としています。

「TAKUMI」の理念に共感し、一緒に社会福祉士として子どもの支援ができる人材を募集中です。
興味をお持ちの方はぜひ下記からチェックしてみてください。

まとめ

社会福祉士の志望動機を考える際は、なぜ社会福祉士なのか、なぜその施設で働きたいかという理由を明確にするのが重要です。
また、自己分析をしっかり行い、自分にできることや将来どうなりたいかもアピールできるようにしましょう。

この記事を参考に、自身の言葉で説得力のある志望動機を書いてみてください。

友だち追加

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 公認心理師になるには?資格取得のルートを3分でチェック!

  2. 多動症のチェック方法は?診断方法やセルフチェックリストを解説

  3. 多動症の子供の特徴とは?年齢別の特徴や接する際の注意点について解説

  1. 【自閉症とは?】施設ができることもわかりやすく解説

  2. 児童指導員になるには?今から目指す3つの選択肢

  3. 理学療法士の転職先は?転職方法もくわしく解説

カテゴリー

アーカイブ

検索


TOP
TOP